レンタカーは今はガソリンスタンドで借りる時代

車は多くの人にとってはなくてはならないものです。特に公共機関が発達していない地域の方にとっては一家に一台ではなく一人に一台必要という事もあります。都市部に住んでいて普段は車が必要のない方にとっても、たまの遠出などの時には車があるととても便利です。ですが、車を所有するには購入する時の費用はもちろんの事、駐車料金やガソリン代、自動車税など維持する為にも多くの費用がかかります。車があると便利だけど買うお金はない、また買うほどでもない、とい方にとって最適なのがレンタカーです。レンタカーでしたら必要な時だけ車に乗る為のお金をかけるだけなので、色々な面で無駄がありません。レンタカーを借りる場所というと自動車メーカー各社の事業者のイメージがありますが、現在はガソリンスタンドでも借りる事ができるのです。

現在ではレンタカーを借りるのはガソリンスタンドが一番?

レンタカーを借りる場所というと、自動車メーカー系の事業者をはじめ、レンタカーを専門としている独立系の事業者もあり、最近では鉄道会社各社もレンタカー事業を積極的に展開しているようです。借りる側としたら、自動車メーカー系の会社ですと名前をよく知っているという事もあり、安心感があるというのが一番で、基本的にそのメーカーのものしか扱っていませんので「借りるなら絶対この自動車メーカー」と決まっている人にとっては良いかもしれません。価格は独立系など他の会社と比べると高くなります。独立系の会社では色々なメーカーの車を保有していますので「たくさんの中から選びたい」という方に向いています。そして今注目されているのがガソリンスタンドのレンタカーです。価格は圧倒的に安いので、安さを求めている方には最もおすすめできます。

ガソリンスタンドでレンタカーを借りるメリットは?

なぜガソリンスタンドがレンタカー事業を始めたのでしょう。きっかけとしては、人口減少や若者の車離れにより車を保有する人が減少する事、そのためにはガソリンスタンドも新しい事業を始めなければならないという事でした。レンタカー事業には車のメンテナンスが必要になります。これらは基本的に、ガソリンスタンドのほとんどが持っています。またレンタカーを借りる場合は、最後にガソリンスタンドで給油をして自動車を返却しなければなりません。ガソリンスタンドでしたらその必要がなくなり消費者にとっても大変便利です。レンタル価格は大手の会社に比べると車種によっては半額ほどにもなります。こういった事から、ガソリンスタンドにとっても、消費者にとってもガソリンスタンドでレンタカーを借りられるという事はメリットがたくさんあるのです。